薬剤師バイト > パートやバイト薬剤師として働くメリット

パートやバイト薬剤師として働くメリット

薬剤師の働き方は、正社員だけではありません。 意外かもしれませんが、パートやアルバイトで働く薬剤師も たくさんいるのです。

正社員とパート・アルバイトの大きな違いは、勤務時間や勤務日です。 正社員の場合は週に5日、1日8時間などと勤務時間が決められていて、 それ以外の働き方は認められません。 でもパートやアルバイトなら、自分の都合の良い日や短時間だけ 働くということも可能なのです。

とくに出産や子育てのために仕事を辞めざるを得なかった人が、 パートやアルバイトといった短時間勤務で仕事に復帰するというケースが 非常に多くなっています。 薬剤師の仕事は他の職業と比べると時給が高いので、 短時間の勤務であっても結構良い収入を得ることができます。

薬剤師が必要とされる人数に比べて、資格を持っている人が少ないので、 募集しても人が集まらないという薬局やドラッグストアが多いのです。 ですからたとえ短時間であっても勤務してくれる人がいれば、 お店としてもありがたいわけです。

子育てや介護をしている人は、働く時間がどうしても限られます。 子供を保育園まで送迎したり、習い事に連れて行くのに 時間をとられてしまうからです。 そうした人たちにとって、短時間でも働くことができるパートやアルバイトは とても貴重なものです。

ブランクがあまりに長くなってしまうと仕事の勘も鈍ってしまいますから、 短時間勤務であっても働けると、時間ができた時に スムーズに正社員として復帰もできるでしょう。

また育児や介護に追われる中、短時間でも仕事ができると 良い気分転換になります。 家庭に閉じこもっているよりも、外へ出た方がリフレッシュでき、 かえって家族関係がよくなるということもあります。

もしパートやアルバイトの薬剤師として働きたいなら、 まず求人情報を調べる必要があります。 求人誌など身近なところで探すのも良いのですが、 薬剤師の転職サイトを利用するのもおすすめです。 掲載されている求人情報も多いですから、たくさんある仕事先の中から 希望条件に合うものを探せば良いのです。